デジタル一眼にはまりました・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

神戸(2)

気ままな異人館めぐりの続きです。

庭から見た北野外国人倶楽部。
3507.jpg
(EOS Kiss Digital X + EF-S10-22mm)

横には馬車が展示されていました。
気品がある馬車ですね。
3506.jpg

となりの建物の山手八番館です。
入り口ではいかつい方がお出迎えです。
3513.jpg

どこかで見たことがあるようなおじさん達です。
3509.jpg

入り口横の「願いがかなう椅子」といわれている椅子では女子が交代で座っていましたよ。
このころから人が増えてきましたが、まだまだ続きます。
  1. 2009/09/30(水) 00:05:56|
  2. DigitalX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<神戸(3) | ホーム | 神戸(1)>>

コメント

一度だけ訪れたことがありますが、こうやって残されているところをみると異人は偉人でもあったのかな、なんて思う今日この頃です。
どの国っぽい、と想像をふくらませながら眺めるのも楽しそうです。屋内を紹介するには最高のレンズですね、これv-10
  1. 2009/09/30(水) 08:42:15 |
  2. URL |
  3. フランカー #JalddpaA
  4. [ 編集]

おはようございま~す、rsk さん。
へぇ~、神戸の洋館も『山手○番館』 と言うのがあるのですね。横浜の洋館も 『山手101番館』とかという洋館がありますよ。

一歩、部屋の中に入るとエキゾチックな雰囲気が非日常的で、どこか違う世界にでもワープした感じがいいですよね。

3番目の写真のいかついお方。重そうな灯篭を持ち上げて「エイー」とでも叫んでいるのでしょうけれど、どこか笑っているようにも見える表情が憎めませんですね。

でも、気になるのが、神戸では結構な金額の入場料ですね。
横浜の山手通り周辺の洋館はすべて無料なんですが...





  1. 2009/09/30(水) 09:21:58 |
  2. URL |
  3. Cape Light #ROzJw1qc
  4. [ 編集]

>フランカーさんへ
歴史が残っているって素晴らしいですよね。
城跡もそうですが、年齢を重ねると違ったものに興味を持ってきましたよ。
このレンズ建物紹介にはピッタリですよ。
そのうち紹介しますんでお待ちください。

>Cape Lightさんへ
( ̄◇ ̄;)エッ、横浜は無料ですか!?
うらやましいですね。

うろこの家は通常1000円ですorz
結構高いですよね・・・
  1. 2009/10/01(木) 22:28:39 |
  2. URL |
  3. rsk #PDfOnijc
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rsk2008.blog23.fc2.com/tb.php/347-881586e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

rsk

Author:rsk


[CAMERA]
Canon
EOS 7D


Canon
EOS Kiss Digital X


Canon
PowerShot S100


Panasonic
LUMIX DMC-FX33

[LENS]
SIGMA
18-200mm F3.5-6.3 DC

Canon
EF50mm F1.8 II

TAMRON
SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
(Model272E)

Canon
EF70-300mm F4-5.6 IS USM

Canon
EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

SIGMA
17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

Canon
EF70-200mm F4L IS USM

最近のエントリ

最新コメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

シンプルアーカイブ

検索フォーム

RSS

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

tenki.jp

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。